◆□◆□◆□◆□◆□◆

新設会社の税金

◆□◆□◆□◆□◆□◆

特定同族会社とは

特定同族会社には、留保金課税が適用される場合があります。

留保金課税とは、特定同族会社が一定限度額を越えて初頭を留保した場合に、通常の法人税の他に、特別税率による法人税が課せられる事です。

ただし、中小法人には不適用の特例もあります。

特定同族会社とは

特定同族会社とは、
(会社の一同族株主グループが有する株式の総数)/(会社の発行株式の総数)>50%
の会社の事です。

留保金課税の仕組み

{(留保所得金額-法人税金額)}-(留保控除額)=(課税留保金額)

(課税留保金額)×(特別税率10〜20%)=(課税留保金額に対する税額)

中小法人不適用の特例

青色申告書を提出している特定同族会社で、中小企業の事業活動の促進に関する法律(第9条第1項目)の承認を受けた場合は、留保金課税の適用はありません。

役員報酬と損金


新設法人のための新設会社の税金。起業に便利!
◆□◆□◆□◆□◆□◆
会社の税金Menu
◆□◆□◆□◆□◆□◆

新設会社の税金