◆□◆□◆□◆□◆□◆

新設会社の税金

◆□◆□◆□◆□◆□◆

減価償却資産とは

減価償却資産とは、建物や機会のように長期にわたって使用し、年数が経てば価値が減少する資産のことです。

減価償却資産は耐用年数の期間に応じて費用配分します。この手続きが「減価償却」です。

減価償却資産の例

有形減価償却資産
  1. 建物,建物付属設備
  2. 構築物
  3. 機械装置
  4. 車両運搬具
  5. 工具機具備品
無形減価償却資産
  1. 特許権
  2. 商標権
  3. ソフトウェア
  4. 営業権
  5. 水道施設利用権
生物
  1. 牛,馬,豚,綿羊,ヤギ
  2. 果実樹
  3. 茶樹,オリーブ樹

非減価償却資産とは

  1. 土地,借地権
  2. 電話加入権
  3. 書画,骨董品
  4. 事業用でないもの

損金算入可能要件

  1. 減価償却費として損金経理をしている
  2. 減価償却限度額を超えていない

減価償却限度額

取得価格
減価償却計算の基礎
残存価格
スクラップ価格。税法で決められている。
耐用年数
使用可能期限。税法で決められている。
償却方法
減価償却計算の方法。税法で決められている。

資本的支出と修繕費

資本的支出とは、資産の使用期限を延長させるもの、固定資産の価値を増加させるもので、固定資産の取得価格に参入出来ます。

修繕費とは、固定資産の通常の維持管理のためのもの、固定資産のき損した部分の原状回復の為のもので、支出時に損金算入出来ます。

定額法と定率法


新設法人のための新設会社の税金。起業に便利!
◆□◆□◆□◆□◆□◆
会社の税金Menu
◆□◆□◆□◆□◆□◆

新設会社の税金